Do you have an update?

Recently, do you UP date?
The kind words to heart,
Healing ingredients to the body,
And ... The question a lot of world events, the truth.
Do you have an update?

5歳の幼稚園児の子供が想像力や感性を育てる方法!小公女から考察

5歳の幼稚園児の子供が想像力や感性を育てる方法!小公女から考察

 

はじめに

 

幼稚園に通うようになって、社会性や協調性を実践を持って学ぶ場に立った時、子供にとっては今までとは違った世界が広がって行くものだと感じます。

今回は、「5歳の幼稚園に通う子供にとっての想像力や感性を育てる方法とは一体何か?」について、バーネットの名作児童文学小説「小公女」を参考に一つづつ考察をして行きたいと思います。

Sponsored Links

 

名作「小公女」から読み解く感性の育て方

 

バーネットの名作「小公女」に登場をするセーラ・クルーの様に際立つ感性や創造性を持ってのびのびと成長を育むためには、一体どんな教育方針や環境が必要なのか?

児童文学が好きな私にとってみると、小公女セーラの様な立ち振る舞いから、他者を思いやり気を配れる素敵な一人の女性としての行き方は勿論、その飛び抜けた空想力、そして創造性は子どもという枠に囚われないほどの大きな魅力と価値があると感じます。

我が子も7歳のセーラと同じ様に鋭い観察眼を養いながらも、世の中の決まりや枠組みに囚われない想像力を持つことは出来るのだろうか?

例えばセーラのように恵まれた環境が全て一致をしないことには叶わぬ夢として終わってしまうのか?

セーラの物語を読み進めていくと、常に他者を思いやり、弁えや出しゃばらない頭の良さを兼ね備えた見事な人物像だと気がつく。

セーラ本人も自分の置かれている環境などはあまり意識をしていないため、家庭環境がどこの家庭よりも良かったり、専属のメイドさんや沢山のおもちゃ、本物の毛皮の洋服などは実はそこまで関係がないではないかとも感じる。

ただ、これらに共通をして言えることは、気持ちの余裕を作り出している源は、やはり家庭環境や好きなオモチャや洋服が好きなだけ買ってもらえるという環境に身を置いているからこそ沸き上がってくる余裕さなのかもしれない。

セーラの場合は少し状況が異なっていて、どこの余裕のある家庭と違っていたことは、お父さんが娘のセーラを溺愛しているということだと思う。

その溺愛をする父親の感情を繊細に受け取るセーラもまた、父親をとても愛しているという事実が、安心感や創造性を大きく広げる要因になっていると確信ができる。

Sponsored Links

 

家庭内での接し方で子供の感性や想像力は大きく影響する

 

子供の創造性や感性を鍛えたり、また養ったりするためには、とても早い時期からのアプローチが重要だと感じる。

また家族との関わりや愛情が深いほど、子どもにとっての安心感は絶大で本当のものだと胸に確信をする事が出来るのだと思う。

幼い子どもにとって、安心感が与える人格形成は計り知れないほどのものだと思う。

子供の頃に親からの安心感が得られなかったり、うまく伝わっていなかったりすると、やがて子供が青年期や成人期になった際に依存症にはまってしまう傾向があるという。

全ては幼かった時代の親からの愛情だどれだけ大事なものなのかがわかった様な気がする。

セーラも同じ様に、他者に対する優しさや手を差し伸べる事が自然と出来る慈悲深さの根元には、「自分はすでに家族から大きくて沢山の愛で包まれているんだ。大丈夫なんだ」と感じる事ができる親の伝え方や感情の示し方が功を奏したのかもしれない。

セーラの父親は決して計算などをして子育てをしているはずがないし、ただただ娘の話をしっかり聴き、一緒になって考える事が出来るからこそ親子間の信頼関係が強く、熱い絆になっているのだと思う。

 

最後に

 

5歳の幼稚園に通っている小さな子供達も、親からの大きな愛情をしっかり受け取る事が出来ているとしたら、のちにセーラのように安心感によって怖かったり恐れることは何もなく、規制のない創造性で創作をし、苦しんでいる人に自然と手を差し伸ばす事が出来る素敵な人になっていると思います。

親子の絆や信頼関係には、子どもの話をよく聞く事が出来るかどうかが未来の展望を左右する、親にしか出来ない秘密の方法なのかもしれません。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください