2018年ドラえもんの映画は南海大冒険!ネタバレや旧作との違い

2018年ドラえもんの映画は南海大冒険!ネタバレや旧作との違い

 

三女だよぉ〜

 

みんな元気ぃ〜?

 

2017年の映画ドラえもん・のび太の南極カチコチ大冒険はもうご覧になりましたかぁ〜?

 

私はというと早速映画館に駆け込んで観に行ってきましたYO★

 

ただ…

 

残念ながら、往年の映画ドラえもんファンならば、首を傾げてしまうシーンが多いのではと個人的には感じてしまいました。

 

Twitterや2chの反応でもジブリ出身の監督・脚本なので、ラピュタやナウシカ、もののけ感が漂っていたのは…

 

正直、否定出来ません(;_;)

 

しかし往年の映画ドラえもんファンには嬉しい速報が!

 

2018年の作品がリメイク作になりそうなんです!

 

ということで今回は2018年のドラえもんの映画は、新・のび太の南海大冒険のリメイクにほぼ確定なので今回は映画のあらすじとネタバレ、旧作との違いやラスト結末について考察してみます。

 

また前売り券情報や予告動画、南極カチコチ大冒険の感想も正直に綴ってみます。

 

それでは行ってみましょう〜

 

2018年のドラえもんの映画がリメイク版の作品、新・のび太の南海大冒険の噂について…

 

少しだけ…

見てっ!

見よぉ!

イェーイ!

Sponsored Links

 

 

映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険の正直な感想と評価!

 

 

 

 

 

いやはや…

 

ここからは超個人的な意見なので、色々と言ってしまいますが、皆さん、どうかご容赦くださいねo(`ω´ )o

 

まず個人的な評価から言ってしまうと、非常に惜しく勿体無い作品なんです。

 

実はストーリー展開的には、テンポが良くすごく見やすかったんですが、実際、映画ドラえもんで必要なメッセージ的要素となる「友情」や「家族愛」など…

 

正直、前作の新・日本誕生が完璧すぎて比べてしまうと、そういった繊細な部分があまり描かれていないんですね(;_;)

 

カーラとの心の距離を縮めるシーンとか、映画ドラえもんファンであれば、眠れない夜にのび太くんと二人っきりで語り合う大事なシーンが無いんですね。

 

また、のび太くんたちが招いたことによって地球が凍ってしまう。

 

今回の映画は、凍ってしまう地球の様子を描いていないということなんです。

 

10万年前にのび太くんたちがタイムベルトで行ったことにより、地球が大変なことになる。

 

そこで現実を目の当たりにして、どうにかしなくちゃ!と改めて事の重大さに気がつく。

 

藤子先生が生前語っていた「必ず現実に戻すことが大事」という点で紐解いてみると、凍ってしまった地球を救うためではなく、凍ってしまう地球を防ぐためになっているんですね。

 

またカーラたちの星がなぜ凍らなければいけないのか?

 

人間の居ない星に生命の誕生を促進させるためにスノーアース現象ということは理解出来るのですが、すでに人間が居るカーラの星には何の目的があって凍らせるのでしょうか?

 

そういった点がすごく解決出来ていないまま物語は終わってしまうんですね。

 

冒険活劇ということで見てみると、高得点ですが、「果たして友情や家族愛があまり描かれない内容を映画ドラえもんでやる必要があるのか?」、そう感じてしまったのは私だけでしょうか?

 

この物語に家族愛や細かく描かれたカーラとドラえもんやのび太くんたちの心の動きが加われば、文句なしに大魔境に並ぶ傑作になっていたのではないかと感じました。

 

なので個人的にはすごく惜しいんですね。

 

今までにはない映画ドラえもんでの良い点、例えば光の色彩とか、カット割りなんか、縦に動くカットが多いのですごく迫力があって時間を忘れるほど、夢中になって映画にのめり込めるんです。

 

ただ…

 

映画ドラえもんではない…

 

以前のひみつ道具ミュージアムのように、映画ドラえもんでしか伝えられないメッセージはいらないんだ!と割り切った内容であれば納得なのですが、南極カチコチ大冒険の物語中に何度も「友情」について描かれているシーンがあるんですね。

 

しかし、足りない。

 

そう思ってしまいました。

 

でも嬉しいことに2018年の映画ドラえもんはリメイク作だということがほぼ確定しましたねぇo(`ω´ )o

Sponsored Links

 

 

2018年の映画ドラえもんは南海大冒険のリメイク作!あらすじとネタバレやラスト結末についての感想と考察!

 

 

 

 

 

では、気になる旧作のオリジナル版のあらすじについてご紹介をしていきたいと思います。

 

ドラえもんファンであればご存知の方も多いかと思いますが、この映画から亡き藤子先生を継いで製作された作品なんですねぇ!

 

前作のねじまき都市冒険記までは藤子先生の脚本と原作でしたが、お亡くなりになられた後の第1作目ということで、かなりドラえもんファンはヒヤヒヤした思い出がよみがえってきますo(`ω´ )o

 

学校の図書館でスティーヴンソンの『宝島』を読んで触発されたのび太は、ドラえもんに宝探しの旅を提案する。ドラえもんも初めは乗り気でなかったが、ひみつ道具「宝さがし地図」でのび太が一発で財宝の在処を当てたことで気持ちが変わり、いつものみんなを呼んで冒険に出発した。

ひみつ道具を使ってみんなで海賊ごっこをしている途中、のび太は本物の海賊船を発見したと騒ぐが、みんなにはまるで信じてもらえない。すると突然本物の海坊主が目の前に現れた。更には船が突然眩い光に包まれて、17世紀のカリブ海にワープしてしまった。そこにはのび太が見たものと同じの、巨大な海賊船があったのである。

突然目の前に出現した海賊船に押しつぶされてしまったドラえもんたちは海に投げ出されてしまうも、運良く海賊船の船員たちに助けだされた。しかし、そこにのび太の姿はなかったのであった。その上、ドラえもんのひみつ道具はその殆どをポケットと一緒に失ってしまい、手元に残ったのは7個のひみつ道具だけであった。

一方、ピンク色のイルカ「ルフィン」に命を救われたのび太は、ジャックと名乗る無人島で暮らす少年と出会う。その中ドラえもんたちはのび太を探すべく、キャプテン・キッド率いる海賊と共に宝島のトモス島を目指すが、そこは謎の生物が多く生息する未知の島であった。

 

 

ここで注目すべき点は、最後のボスキャラ的存在の改造生物・リバイアサンとの決闘ですね。

 

 

ここをどうリメイクして描かれるのかが注目です。

 

旧作とリメイク版での違いで大きく異なるのは、やはりラスト結末のエンディングだと思います。

 

旧作ではおなじみのタイムパトロールに助けられる展開ですが、新・日本誕生で見せたようなのび太くんやドラえもんたちの友情と、海賊たちの団結や結束でリバイアサンを打ちのめして欲しいと願います。

 

詳しいネタバレやラスト結末の感想についてですが、現在執筆中で〜す❤️

Sponsored Links

 

 

2018年映画ドラえもん新のび太の南海大冒険の前売り券情報や予告動画はいつ頃解禁?

 

 

 

 

 

さて、2018年の映画ドラえもんの最新情報についてですが、まず予告編が解禁されるのが、毎年夏頃なんですねぇ!

 

もっと詳しく突っ込んでいうと、毎年9月にドラえもんの誕生日スペシャルが放送をされるときに合わせて、予告編が解禁をされるんです。

 

ドラえもんの誕生日は9月3日ということで、2018年のカレンダーから予想をして、第1弾の予告動画の解禁日は、9月1日(金)の1時間スペシャル内で初公開されるんじゃないかと思います。

 

 

また、前売り券については毎年11月下旬から12月上旬の発売なので、今回も同じぐらいの時期の可能性が高いですねぇ!

 

前売り券の特典として貰えるおまけがかなり人気なので、おまけ付き前売り券はすぐに完売になってしまいます…

 

今後、最新情報を入手次第、追記をしていきたいと思いますo(`ω´ )o

 

ということで、映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険の感想と2018年の映画ドラえもんが南海大冒険のリメイク作の詳細についてググってみました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

★映画ドラえもんの関連記事はこちら↓

映画ドラえもんのび太の宝島(2018)のネタバレとラスト結末!

ドラえもん新のび太の日本誕生の旧作とのラスト結末の違いを考察!

映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険のネタバレ!ラスト結末

Sponsored Links

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. あらさーえもん

    2018年は本当に南海大冒険だろうかとググり、こちらの記事にたどり着きました。
    前日のSPで日本誕生見た勢いで、私も今年は久々に映画を見に行きました。

    思い返せば確かに面白かったものの、感動という意味では足りませんでしたね。日本誕生では号泣したので、なおそう感じました。
    サラッと見て終わった感じ。偽ドラのシーンなんかはもっと深く掘り下げられた気もします。
    なんというか、本当に落し物を届けたついでに困ってるから助けよう!という、今までのドラえもんからいくと友情度が少ない作品でしたね。
    「ドラえもんを助ける!」みたいな煽りもあったので、ブリキの迷宮とか雲の王国ぐらいドラえもんがピンチに陥るかと思いましたが
    映画時間で数分あれば助かっちゃう程度のピンチでしたし。
    まぁ、凍る思いをしたドラえもんは大変だったでしょうが笑

    カーラ達の星が凍った点については古代の技術を求めすぎた人々がスノーボール現象による爆発的な進化速度の研究に目をつけさらなる進化を求め触れてはいけない技術まで呼び覚ました結果、扱いきれない技術を持て余す結果になってしまった。
    ということなのでしょうが、作中で明確に触れられていないのでドラえもんの説明から推測するしかないのは、子供達には不親切でしたね。
    まぁ、道具が活躍する、ドラえもんとのび太がひたすら活躍するという意味ではちびっこ向けだったのかもしれませんが。

    と、勝手ながらこちらのコメント枠をお借りし、私の感想まで述べさせていただきました。
    大変参考になり、かつ面白い記事でした。映画鑑賞後の物足りなさ感の理由も納得できました。
    来年の映画を楽しみに、また1年を過ごしたいと思います。
    それでは、お邪魔いたしました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)